不動産賃貸管理業

「サービス」「リスク」「コスト」を考えた安心の賃貸管理を行います

オーナー目線の管理、入居者目線の管理・募集方法である事。当社では入居してからのトラブル(ガキ、水まわり、電気設備、ガス、ガラス、パソコン、留守中のサポートなど)を24時間365日安心をサポートする電話一本駆けつけサービスを実施。また手数料4%でオーナー様の代理として管理を行い、業者側(管理会社等)が儲かる仕組みや所有不動産売却時に困るサブリース商法(転貸借による借上げ保証等)は致しません。

キャッシュフローのバランスを良くする。

キャッシュフロー(お金の流れ)を収支を良くする。

例えば見た目の利回り(収支)は良いけれども以外にも賃貸管理手数料が高く、当初思っていたより収入が少なくがっかりした、管理費用は安いけど滞納保証、管理までしてくれなかったなど・・・

当社は管理を他社に委託するのではなく自社でお客様の不動産を一括管理致します。

他社からリクシード賃貸管理移行する場合のメリット・・・

それはオーナー目線の管理、入居者目線の募集方法である事。
業者側(管理会社等)が儲かる仕組みのサブリース商法は致しません!

入居者目線の募集方法・・・初期費用は1.5ヶ月分~2ヶ月で募集

仲介手数料をとらない、礼金、クリーニング費用はとらない、退出時のそれらの費用は家賃1ヵ月を償却費(室内原状回復費用)として清算。逃げた場合は家賃保証会社との提携保険に加入しているため、入居者との立会い不要で原状回復工事費用として最大2ヶ月保証してくれる。

家賃保証会社に支払う保証料家賃の50%+火災保険料15,000円~18,000円+24時間対応生活安心パートナー保険10,000円+入居月の日割り家賃分のみ)

例:家賃6万円のお部屋の場合で入居日が16日の場合のトータル費用85,000円内訳:保証料3万円+火災保険料15,000円+24時間対応生活安心パートナー保険10,000円+日割り家賃30,000円

一般的に賃貸物件を借り場合の初期費用は5ヶ月分(入居時日割り・翌月賃料分、仲介手数料、敷金、礼金、クリーニング費用、火災保険料等)と言われてます。物件によってはそれ以上の場合もあります。

当社賃貸募集によるオーナー様のメリット

初回契約から2年以内の解除はNG、解除が発生した場合は総賃料の1か月分を清算+退出時に償却費として総賃料の1か月分を清算する為、2ヶ月を清算して次回募集の為の費用にあてる。

入退出時の原状回復工事に必要な室内クロス張替、クリーニング費用、軽微な修繕工事は入居者から償却費(原状回復費用)として家賃1か月分を清算する為、支出を減らしオーナー様への負担を軽減出来る!!

※当社の企業努力で原状回復費用工事は家賃1か月分で可能

入居者及び近隣住民との苦情・トラブルの対応を行い、弊社の顧問弁護士にて対応する(通常は全てオーナー様負担)

孤独死に対応して安否確認を実施する。

賃貸借契約書時の特記事項例
  1. 年齢65才以上の独居高齢者は月一回の安否確認(TEL確認)を甲(弊社)で実施する。
  2. 契約時の年齢が上記1に達していない場合でも、更新時にその年齢に到達した場合には対象者となる。
  3. 安否確認で連絡が取れない場合は、緊急連絡先へ連絡し、それを知り得た日から5日以内に甲(弊社)が緊急連絡者と立会いのもと乙(賃借人)の部屋への立入りを行う。立会い者が同行出来ない場合には甲(弊社)が単独で実行出来る。
  4. 家賃の延滞が発生した場合は、安否確認も含めて乙または緊急連絡先への連絡を行い、乙への訪問立ち入りを行う。

賃貸管理手数料は4%+324円(振込手数料)

通常の集金代行ではなく、貸主代理としての賃貸管理業務委託契約を締結。

≪割安・安心・安全を提供!≫

以下一部内容です。

(委託業務:契約管理代行業務)

  1. 賃貸借契約条件の設定、貸主代理としての賃貸借契約の締結
  2. 賃借人の募集と選択
  3. 契約締結時、更新時、解約時における事務手続き
  4. 賃貸借契約書等作成と保管及び鍵の保管
  5. 月額賃貸借費用、敷金、保証金等の集金及び保管
  6. 賃借人の遅延・滞納家賃の督促
  7. 解約時における貸室(バルコニー等を含む)の破損及び汚損の際に行う修復作業の発注・集金
  8. 賃借人が契約違反をした際の注意及び解約事務手続き
  9. 敷金、保証金の保管・精算・償却業務
  10. 入居者及び近隣住民との苦情・トラブルの対応と甲への報告義務

弊社物件を購入して賃貸管理した場合のメリット

(サブリース契約2年+空室保証最大6ヶ月+滞納保証12ヶ月+原状回復保証最大2ヶ月)

賃貸管理手数料は4%(振込手数料込み)

弊社通常管理プラス以下の内容を保証

メリット①

初回契約期間中の2年間の間、リクシードは買主に対して空室保証をする。その期間中に発生した原状回復費用等はリクシードの負担とする。

メリット②

前項契約期間終了後の保証については総額賃料の6ヶ月分までを保証限度額として空室保証をする。

メリット③

賃貸継承(オーナーチェンジ)による管理については前項1、2記載の期間に関わらず賃借人(入居者)が退出後、1回に限りリクシード負担にて原状回復及び設備を含めたリフォーム工事を上限金額を200,000~300,000円までと定め実施する。

メリット④

現況が空室の場合、前項1に定める空室保証に加え、リクシード負担にて原状回復及び設備を含めたリフォーム工事を上限金額を㎡あたり1万円補償(例22㎡の場合は22万円)までと定め実施する。

※リフォーム工事内容:現入居者が退去時は1回に限り弊社負担でリフォーム工事実施(床フロアタイル張替え、給湯器交換(交換が必要と認められた場合)クロス張替、エアコン交換、LED照明交換、人感センサー設置、IHコンロ交換、玄関廻り、土間張替、塗装工事等・・・)

基本業務
付加業務
入居者募集
入居者選定 賃貸借契約締結
鍵の引渡し
賃料の徴収等
賃料・共益費の取立て
共益費用の支払い代行
敷金(保証金)の授受
差し入れ敷金の受領
退去者への返還
契約更新・改定業務
契約更新
賃貸条件の改定
解約業務
敷金精算
原状回復
入居者管理
入退去立会い
賃料不払い者への督促
長期不在者への対応
苦情処理
有害行為に対する措置
近隣・町内への対応
防火・防災
鍵の保管
緊急時応急措置
清掃・除草
建物内の清掃
野外の清掃
除草・植栽
建物・設備 敷地の管理
定期巡回点検
保全・補修
賃料収入保証
満室保証(新築後一定期間空室損)  滞納保証(延滞賃料・不払い賃料代払)
空室保証(満室保証経過後空室損)  一括保証(約定保証賃料の定時払)
敷金(保証金)の授受
差し入れ敷金の受領
退去者への変換
サービス業務その他
損害保険の取次
弁護士・会計士の紹介
賃貸管理会社の比較表